HOME > 西野山保育園 > ごあいさつ

ごあいさつ

園長からのごあいさつ

鳥イラスト

園長 吉岡昌博

西野山保育園のホームページをご覧いただきありがとうございます。
私は1994年から保育士として関わり、主任保育士を経て、2019年度から園長に就任しました。いつも笑顔と笑い声の絶えない元気な子ども達と、子育てに奮闘しながらも楽しんでいる保護者、そして、子どもたちの事を一番に考え日々保育をしている元気な職員と毎日生活しています。子ども達と遊ぶと元気がもらえるので、保育室に行ってつい遊んでしまいます。 当園では、より良い保育環境を守る為、国や市の職員配置基準以上に配置しています。
それぞれの個性を発揮しながら、子どもたちの成長を喜びに感じ、楽しい保育をする職員集団です。ひとりひとりの思いをしっかり受け止め、共に考え、共に成長できる楽しい取り組む保育士と美味しい給食やおやつを提供しながら、子どもたちの身体だけでなく心の成長も考え、身近な栄養士・調理師が、日々いきいきとした生活をしています。 園の見学や入園相談・子育て相談は、いつでもお受けします。お気軽にお電話くださいね。

主任保育士からのメッセージ

主任保育士 板東千鶴子

こどもには、わたしたち大人にはないドキドキワクワクをかんじるまなざしがあります。
例えば、普段大人が見過ごしてしまうような紙切れ1枚でも、「何かの形に似てるな?」と考えてみたり、そこから何かをつくってみたり・・こどもから私たちが学ばせてもらうこともたくさんあります。 そんなこどもならではの発見や発想をうけとめ、寄り添い、さらに深めていける視点を持ち続けたいと思っています。
また、保育園という場所は、こどもとこども、こどもと保育者、保育者と保護者、保護者と保護者・・という様々なつながりの可能性にあふれています。もちろん私達保育者同士も、こどもたちや保護者の方々の姿や状況を日々伝えあい、共有することを大切にしています。いろいろな形のつながりの中で、日々のこどもたちの成長はもちろん、悩みやしんどさなども伝えあい、そのことで保育園が安心できる居場所となれるよう、心がけたいと思っています。